京都府 京田辺市にある特別養護老人ホーム

>
利用案内

利用案内

 

特別養護老人ホーム

概ね65歳以上で常時介護が必要な方を対象にしています。
利用者の心身の状態を把握した上で最適な介護プランを立て、最適なケアを実施。クラブ活動や季節ごとの行事、誕生日会など楽しい企画もたくさんご用意しています。

 
ショートステイ

冠婚葬祭や旅行などで、ご家族が緊急あるいは特別に自宅を留守にされる間介護が必要な方を、万全の体制でお預かりいたします。在宅で寝たきりの方、認知症症状のある方、心身が虚弱な方など様々な条件の方でも、安心してお任せください。土日祝日もご利用いただけます。

 
デイサービスセンター

昼間一人で過ごされている高齢者を対象にしています。
毎朝送迎バスでお迎えにあがり、日中をセンターで過ごされた後、夕方に再びバスでお送りします。人と触れ合う楽しさや元気で生きる事の幸せを実感していただきます。

 

ケアハウス

60歳以上で、自宅での生活に不安を感じる方を対象にしています。
プライバシーを尊重した心地よい個室で食事の心配もなく自由に生活していただきます。 

心身に不調があれば、スタッフが速やかにサポートいたします。

 
ホームヘルパー

利用者に自立した日常生活を送っていただけるよう、ヘルパーをご自宅に派遣します。

掃除・洗濯・買物などの家事援助、食事の世話・入浴の手伝いなど生活全般まで、利用者やご家族に安心をお届けするために、精一杯のお手伝いを致します。

 
居宅介護支援センター

介護を必要とする方と、そのご家族のために、介護に関する様々なご相談をお受けし、行政や福祉関連施設などとの連携によって、適切な対処をさせていただきます。

お気軽にご相談ください。
 

 

 

 介護職員等特定処遇改善加算にかかる情報公開(見える化要件)

 見える化要件に基づき、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を下記に提示致します。

 

 
 
職場環境要件項目
 
当法人としての取組み
 
 働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実
 務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術
 を習得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症
 ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対す
 るマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他
 の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保
 を含む)
 
 施設内外の研修や勉強会に積極的に受講できる
 よう研修費等の補助を行っている。また、介護
 福祉士や介護支援専門員の資格取得を目指す職
 員の受験対策講座を開催しバックアップを行っ
 ている。
 
 介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のための介護
 ロボットやリフト等の介護機器等導入
 
 特浴、電動ベッド、センサーマットを導入し、
 介護職員の腰痛対策を行っている。
 
 ミーティング等による職場内コミュニケーション
 の円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえ
 た勤務環境やケア内容の改善
 
 事業所ごとのミーティングに付け加え、異業種
 を交えたサービス評価委員会等を開き、情報共
 有を徹底している。
 
 健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、
 職員休憩室・分煙スペース等の整備
 
 年次健康診断の実施、ストレスチェックの実施、
 職員休憩室にはマッサージチェアを置き、リラ
 ックスできる空間を確保。
 
 介護サービス情報公表制度の活用による経営・人
 材育成理念の見える化
 
 経営理念を職場内に掲示し、職員が同じ理念の
 もと働くことができるよう共有を図っている。
 
 非正規職員から正規職員への転換
 
 非正規職員から正規職員への転換を奨励してい
 る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ